年齢が若い人を社員教育の担当に選ぶ魅力

社内から社員教育の講師を選びたいと考えている場合は、なるべく年齢が若い人を選ぶようにしましょう。もちろん社員教育の講師を務めてくれる人の成長を促す目的もありますが、それ以外に話を聞いている人に刺激を与える目的もあります。なるべく年齢が若い人を選ぶと、自分もその人に追いつきたいと考える人が非常に多くなります。この場合は通常の社員教育よりも、非常に価値のある社員教育になる傾向があります。もちろん中には同期が出世して講師を務めていると言う部分もありやる気を失ってしまう人もいますが、ほとんどの人がライバル意識を持ち、しっかりと社員教育に挑んでくれる傾向があります。ライバル心をしっかりと持ってもらえるので、話をしてもらっている内容を理解できますし、教えてもらった効率の良い仕事の仕方を、自分なりに工夫してさらに良い方法にする場合もあります。年齢をある程度重ねている人を講師に選んでしまうと、ライバル心を持つ人が少なくなってしまうので、少しだけ効率が下がってしまう傾向があります。